野菜の育て方

落花生の栽培方法・育て方【大粒はおおまさり! 芽出しと種の作り方】

落花生の収穫

 

家庭菜園研究家のもぐみん(@agrimichi)です。

 

家庭菜園初心者向けに、落花生の栽培・育て方の基本をまとめました。

 

一般的な知識だけでなく、自身の経験から得たノウハウを盛り込んでいるため、初めての方も安心して落花生を育てることが出来る内容になっています。

 

もぐみん
最強のおつまみ、作ってみない?

 

落花生とは

収穫した落花生

 

落花生といえば、おつまみのピーナッツが最もなじみ深いでしょう。

一般的にはピーナッツが殻に包まれた状態を落花生と呼んでいます。

 

落花生をフライパンで炒っている

フライパンで弱火30分ほど炒って冷ませばすぐ食べれる

 

食味は言わずもがな、一度食べだすと手がとまらなくなるほどの美味しさでビールのお供に欠かせません。

 

炒った後の落花生

炒った後は香ばしい香りにつつまれる

 

栄養価も高く、特にたんぱく質が豊富でビタミンEも多いのが特徴。

高カロリーではあるものの、食物繊維も豊富に含まれより健康に良いのも嬉しいところです。

 

落花生の殻を破ったところ

殻を破れば美味しそうなピーナッツが顔を出す

 

販売されているものはほとんど炒ったものですが、家庭菜園で育てた大粒種(おおまさり)を茹でて食べるのもぷりっとやわらかくおすすめ。

 

落花生とビールのセット

やはりビールとの相性が抜群。

 

初心者でもつくるのが簡単で、ほとんど放置して栽培できるのでぜひ挑戦してほしい作物です。

 

rakkasei-tabesugi

ついつい食べ過ぎてしまうほど、自分で育てた落花生は香ばしく絶品だ。

 

もぐみん
肥料も水もあまりいらないので、ぜひ育ててみよ~

 

落花生栽培の特徴

落花生を栽培している様子

科目 発芽適温 生育適温 連作障害
アブラナ科 20~30℃ 25~28℃ あり(3年程あける)
日当たり 株間 収穫まで pH(土壌酸度)
日なた 30cm 25~30㎝まで最短5ヶ月程 6.0~6.5

落花生の原産地は南アメリカで、強い日光と高温を好む野菜。

種まきからは5カ月ほどで収穫できます。

 

子房柄と呼ばれる受粉・受精後の花が地中に潜って実が出来る、一風変わった育ち方。

名前の由来も花が落ちて出来ることからきています。

 

暑さには強い一方、寒さに弱いため、十分暖かい時期に栽培してください。

土中にもぐり実がなる特性から、粘土質土壌は不向きでさらさらした砂壌土が向いています。

病害虫に強いため栽培は簡単で初心者にもおススメですよ。

 

ポイント

・マメ科植物なので窒素肥料は少なめに

・暖かい時期(15℃以上)に栽培する

・子房柄がもぐりやすいよう土は柔らかくする

 

落花生人気の品種

落花生は粒の大きさで分けられ大・中・小粒種がありますが売られている品種はほとんど大粒種。

熟期も早生~晩生まであり、草姿は這性、半立ち性、立性などさまざま。

ここでは家庭菜園にお勧めな定番人気種を紹介します。

 

千葉半立

千葉半立

 

落花生の代表的品種。

収穫量もあり、食味はぴかいち。

 

 

おおまさり(ジャンボ落花生)

おおまさり

 

なんといっても粒が大きいのが特徴。

甘味も強く濃厚で、茹で落花生として食べるのが定番。

 

落花生の栽培時期

落花生の地域ごとの栽培スケジュールになります。

あくまでも目安なので、詳細は種袋の裏を観て確認してください。

 

落花生栽培時期横

 

種まきと育苗【芽出しは種向きが重要】

落花生の種袋

 

落花生は直まきの方が根付きが良く、初期生長がパワフルです。

ただ鳥害対策が困難な場合や、畑を出来るだけ有効活用したい方はポットまきから育てることをお勧め。

 

種まきの時期はどの地域も5月〜6月初旬の間。

 

直まき

落花生株間・条間

 

株間、条間ともに30cmあけ、空き缶の底を押し付けて深さ2cmの蒔き溝をつくります。

 

落花生の種まきのために植穴を空けている様子

穴があけば何を使ってもよい

落花生の直まき

写真は横向きだが、尖りを下に向けて埋めるのが良い

 

蒔き穴に3粒種を置き、土を軽くかけて押さえた後、たっぷりと水やりをしてください。

 

落花生の種まきで土を軽く押さえる

土をかぶせ軽く押さえる

落花生の種まきで水やりしている様子

最後に水をたっぷりやっておく

 

鳥害対策として、不織布を上からゆるく被せておきます。

 

不織布かけ

マルチ止めで片方を刺しくるくる広げていこう

種まき後、不織布をかけている様子

ネットor寒冷紗でもOK

 

双葉から本葉が出てきたころに不繊布を外し、3本のうち小さい苗を1本間引いて二本仕立てにしてください。

 

間引き時

芽がしっかり出れば鳥害に合う心配もない

 

もぐみん
間引いた苗は欠株の場所に植え付けてもOKだよ!

 

注意ポイント

・種まき前後に雨が続くと種が腐る場合があるので、晴天の続く日を選ぼう

 

ポットまきと植えつけ

 

培養土を入れた3号ポリ鉢に種を三粒置いてください。

そして軽く上から押さえつけ土をかぶせ、水を十分にやり育てていきます。

 

水やり

最初はたっぷり水やり

 

ビニール温室や不繊布をかけるなどなるべく暖かい場所(20℃~30℃適温)において生育しましょう。

 

保温栽培している様子

日中は透かさないと高温になりすぎる

 

注意ポイント

種は腐りやすいので発芽する一週間まで、日陰に置き水やりは控える

 

本葉が2枚程出るころに1本をまびいて2本仕立てにします。

 

ポットから苗が出ている様子

一本しか出なかったので間引けない‥

 

この時点で植えつけれますので、準備した畑に植えつけていきましょう。

晴天の午前中を選び、植穴にポット程度の穴を開け、水を入れていきます。

ポット苗にも十分に水をかけ、崩さないように植穴に入れ、軽く土をかけ押さえてください。

最後に十分にまた水をやり完了です。

 

土づくり(耕し方と肥料について)

まず種まきの約一週間前に、粒状苦土石灰を200g/㎡(1㎡おおよそ4握り)まき、しっかりと耕します。

 

苦土石灰をまいている様子

粒状が圧倒的に使いやすくおススメ

苦土石灰をまき耕している様子

しっかりと耕し、苦土石灰を混ぜ込もう

 

この時、耕しついでに高さ20cm、幅90cm程の畝を作っておきましょう。

 

また肥料を混ぜ込むので、表土はならさずアバウトな畝でOK

 

そして種まき当日、堆肥・元肥を全面にばらまき畝が崩れない程度にクワで軽く混ぜこみ、平グワorレーキで表土をフラットにします。

 

畝1㎡あたり元肥量

元肥

・バーク堆肥or腐葉土 3~5㎏

(約5~8ℓ分)

・化成肥料888  50g

(おおよそ1握り分)

元肥の投入

畝が崩れない程度に混ぜ込めばOK

平グワでフラットに

平グワやレーキでならそう

 

土づくりポイント

・苦土石灰散布は、植え付けの一週間前に終わらせておく

・植物性堆肥&化成肥料なら、即日種まきOK

・落花生はカルシウムがたくさん必要なので苦土石灰多めで

 

水やりの頻度と除草作業について

落花生が雑草に負けそうになっている様子

 

落花生は初期成育がゆるやかで、雑草の勢いに負けがちです。

定期的に除草して、その際に混ぜ合わせ(中耕)してやりましょう。

 

落花生の除草をしている様子

みんなはここまではびこる前に除草しよう‥

 

落花生は乾燥にすこぶる強いので、水やりしなくとも、降雨のみで育ち実がなります。

ただし、実がなり始めるころ水分は多めにいりだすので、もし収量を確実に上げたいなら水やりをするのも手。

梅雨明け以降、真夏になってからは乾燥しやすいので一週間に一回たっぷりと水やりをしてやれば安心でしょう。

 

もぐみん
え? 僕? もちろん一回も水やりしてないよ(だから画像がない)

 

注意ポイント

開花後は土中に入る子房柄を傷めないよう気を付けて除草する

 

追肥・中耕・土寄せ

落花生が開花し黄色い花が咲いてきた様子

 

開花しはじめたのを合図に、追肥と土寄せをします。

株間に化成肥料888を50g/㎡(1握り)まき、子房柄が入りやすくなるよう混ぜ合わせ(中耕)、株元に土寄せしておきます。

 

落花生の追肥をしている様子

均等にパラパラ株回りにまきしっかり混ぜ合わせよう

 

土寄せは葉が埋まる限界までもりあげておくことで、収量があがります。

 

落花生に追肥をした後、土寄せして盛り上げている

表土を柔らかくし、しっかり土寄せで潜り込みやすく

 

花が咲き始めて数日後、いよいよ子房柄が伸び土下に入り始めます。

 

落花生の花が落ち、土中に潜り込んでいく様子

花が落ち、下に潜り込んでいく

 

開花後すぐに土寄せをすませ、それ以降は中耕、土寄せは一切やめましょう。

 

落花生の生長過程

後は放置してもぐんぐんはびこってくる

 

誤って土中に入った子房柄を出すと実がならなくなってしまいます。

 

土に潜り込んで肥大し始めた子房柄

子房柄が入りふくらみかけたもの。これがやがて殻付き種になる

 

収穫の仕方と時期

落花生の収穫期

 

葉全体が黄色く枯れてきたら収穫期。

晴天の続く日に穫りましょう。

試し掘りして網目がしっかり入っているようならOK。

株の周りからクワで持ち上げるように掘りあげてください。

 

クワで落花生を収穫

外側からほぐし徐々に内側へ

クワで落花生を掘り上げている

落花生の殻を傷をつけないようゆっくり

 

掘り上げた株は逆さにして一週間ほど畑で乾燥させます。

 

落花生の収穫

後は根元をもって引き抜こう

天日干し

逆さにして天日干し中

 

取り遅れると子房柄が切れて収穫しにくくなったり、霜で痛むので注意します。

 

メモ

収穫期の20日前ほどの若ざや穫りもできる。実が十分肥大しきらないころに収穫し、食べてみよう。

 

洗うことはせずに乾燥させ保存

収穫後落花生の天日干し軒下

 

収穫した落花生は泥がつき、水分量が多いのでそのままだとすぐカビが生えてしまいます。

前述したように、株を抜いてひっくり返したら、その場で一週間ほど天日干しで乾かしましょう。

 

その後、長期保存したい場合はさらにつるすか、サヤだけにしてさらに一ヶ月天日干ししてください。

 

落花生を一か月以上干した後

完全に乾燥しきっている

落花生を箱に入れている

そのまま段ボールやネットに入れ冷暗所で保存する

 

泥は乾けばある程度自然にとれるので、大量に収穫し所存する場合は、水洗いして干さず、茹でたり炒るときに洗うことをおススメします(腐りにくくするため)。

 

しかし家庭菜園ではすぐに食べきってしまうことも多いでしょうから、水洗いしても構いません。

洗った後は軽く干し乾かして保存するか、早めに食べましょう。

 

落花生を洗う

泥が気になるなら洗っても構わない

洗った後干している落花生

保存するなら乾くまで日の当たるところで干そう

 

干した後は冷暗所に段ボールなどに入れて保存してきましょう。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。1日1クリック応援してくださると、とても励みになります。よろしくお願いします。
        ↓ ↓ ↓ ↓               ↓ ↓ ↓ ↓

家庭菜園ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

-野菜の育て方

Copyright© あぐりみち , 2020 All Rights Reserved.