野菜の育て方

三つ葉の栽培方法・育て方【水耕栽培・プランター栽培も簡単!】

 

家庭菜園研究家のもぐみん(@agrimichi)です。

 

家庭菜園初心者向けに、三つ葉の栽培・育て方の基本をまとめました。

 

一般的な知識だけでなく、自身の経験から得たノウハウを盛り込んでいるため、初めての方も安心して三つ葉を育てることが出来る内容になっています。

 

三つ葉栽培の特徴

科目 発芽適温 生育適温 連作障害
セリ科 15~20℃ 10~20℃ 少なめ(1年程あける)
日当たり 株間 収穫まで pH(土壌酸度)
半日陰 条間10cm・2~3㎝間隔 一ヶ月半 6.0~6.5

 

三つ葉の原産地は日本・東アジアで、涼しく半日陰の環境を好む野菜。

日当たりの悪い場所でもぐんぐん育つ一方、真夏の高温や日光は苦手。

種まきから一ヶ月半あれば収穫できるので初心者にもおススメ。

水もちの良い土壌を好むため、堆肥をを十分に入れてやりましょう。

冬になると枯れますが、根はそのまま生きているので来年また新芽が出て楽しめます。

 

栽培ポイント

・半日陰になる場所で育てよう

・乾燥すると葉が堅くなるのでこまめに水やりを

・低温下ではとう立ちするので暖かくなってから栽培する

・多湿を好むため敷き藁をしてやる

 

三つ葉の品種について

三つ葉の品種は関東系と関西系に分類されます。

関東では三つ葉の茎を軟白処理(日に当てず白くする)して育てるのが主流です。なので軟白状態でも茎の香りが落ちにくい特性が関東系品種にはあります。あまり日に当てすぎると香りだけでなくアクも強くなる傾向も。

関西では密生させ日に当てて栽培するので茎は細く、青いです。関西系品種は軟白すると香りが失われます。

家庭菜園ではどちらの品種でも大差ないので近くに売っているものを購入すれば良いでしょう。

 

白茎三つ葉(関東系)

土寄せして軟白栽培しても茎に良い香りがある関東系品種。とう立ちもしにくいですが、若干生育が遅いです。

 

白茎三つ葉(関西系)

十分に日に当てて茎も青くして育てる関西系品種。生育は関東系より早いですが、とう立ちはしやすいです。

 

メモ

品種名とは別に、栽培方法&売り出される状態で呼び名がついています。

関東系

・根ミツバ…根つきの三つ葉で売られています。種をまき株養成後、ハウスなどで伏せこませて軟白させ根ごと獲っています。

・切りミツバ…軟白栽培し茎から収穫して販売しているもの

関西系

・青ミツバ(糸ミツバ) 水耕栽培で密生で茎を細くさせてスポンジをつけて販売しているもの。

 

三つ葉の栽培時期

三つ葉の地域ごとの栽培スケジュールになります。

低温でとうだちするので早まきは避けてください。

三つ葉栽培時期横

 

土づくり・肥料

まず種まきの約一週間前に、粒状苦土石灰を100g/㎡(1㎡おおよそ二握り)まき、しっかりと耕します。

このとき前作の残り、石などの固まりは取り除いておきましょう。

 

もぐみん
実は根が60㎝くらい下に伸びるからしっかり耕そうね

 

苦土石灰をまいている様子

粒状が圧倒的に使いやすくおススメ

苦土石灰をまき耕している様子

しっかりと耕し、苦土石灰を混ぜ込もう

 

この時、耕しついでに高さ20cm、幅90cm程の畝を作っておきましょう。

 

また肥料を混ぜ込むので、表土はならさずアバウトな畝でOK

 

そして種まき当日、堆肥・元肥を全面にばらまき畝が崩れない程度にクワで軽く混ぜこみ、平グワorレーキで表土をフラットにします。

 

畝1㎡あたり元肥量

元肥の量

・バーク堆肥or腐葉土 2~3㎏

(4~5ℓ分)

・化成肥料888  100g

(おおよそ2握り分)

堆肥と肥料を投入し混ぜ込む

堆肥と肥料を畝が崩れない程度に混ぜ込む

平グワでならしている

平グワやレーキでフラットにしよう

 

土づくりポイント

・植え付けの一週間前に苦土石灰散布を終わらせておく

・植物性堆肥&化成肥料なら即日種まきOK

 

種まき・育苗

種は発芽しにくいので、前日に水につけておきます。

畝はなるべく平らにするため、クワで押し付ける、足で踏むなどしておきます。

そして事前にたっぷり畝に水やりしてください。

条間10cmあけ、支柱などで1cmほどの蒔き溝をつけます。

蒔き溝に1cmの間隔で種を置いていき、ごく薄く土をかけ手で押さえます。

表面が乾燥しないようもみ殻をたっぷりかけ、不線布で覆って上から水をたっぷりかけましょう。

 

種まきポイント

・乾燥しないよう、発芽まで毎朝水やりをしよう

・種は一昼夜水につけて発芽率UP

・種は光で発芽するため、薄く土をかける

 

間引きと除草

本葉が2~3枚出てきたころ、葉が重ならないよう2~3cm間隔に間引いてやりましょう。

三つ葉は初期成育が遅いため最初は雑草の勢いに負けてしまいます。

気付いたら早めに適宜除草をしていってください。

 

敷き藁と水やり

三つ葉は乾燥に弱いです。

土が乾燥しないよう草丈が5㎝以上になってきた頃から株間に敷き藁をして土の乾燥を防いでやりましょう。

また、適宜水やりをしてやることで柔らかい新芽を次々と出してくれます。

 

追肥の仕方

草丈5~6cmになったら30g/㎡(軽く一握り)の化成肥料888を株間に追肥し土と混ぜ合わせ(中耕)てください。

 

次は草丈が10cmほどになったら同量施しましょう。

 

収穫直後にも同量追肥を施すと何回もループして収穫出来ますよ。

 

収穫

草丈が20cm程になったら収穫しましょう。

株元から5cmくらいのところからハサミで切り取ってあげます。

収穫直後、追肥をすればまたすぐに新芽が出てきてシーズン中は何度も穫れますよ。

 

土寄せで軟白化

coming  soon…

 

スーパーの三つ葉から培養

coming soon…

 

水耕栽培

coming soon…

 

プランター栽培

coming soon…

 

畑を借りたい方に市民農園を紹介しています。

関東・関西(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都)の方ならシェア畑が手ぶらで始めれて、お手軽です。

参考記事【関東・関西】都心部で畑を借りるなら「シェア畑」がオススメすぎる件

シェア畑神ってる
【関東・関西】都心部で畑を借りるなら「シェア畑」がオススメすぎる件

  家庭菜園研究家のもぐみん(@agrimichi)です。   突然ですが、語らせてください。 &n ...

続きを見る

 

最後までご覧いただきありがとうございました。1日1クリック応援してくださると、とても励みになります。よろしくお願いします。
        ↓ ↓ ↓ ↓               ↓ ↓ ↓ ↓

家庭菜園ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

-野菜の育て方

Copyright© あぐりみち , 2020 All Rights Reserved.