野菜の育て方

ネギの栽培方法・育て方【育苗から収穫まで肥料切れに注意! ネギ坊主の種の取り方・美味しい食べ方も】

 

家庭菜園研究家のもぐみん(@agrimichi)です。

 

家庭菜園初心者向けに、ネギの栽培・育て方の基本をまとめました。

一般的な知識だけでなく、自身の経験から得たノウハウを盛り込んでいるため、初めての方も安心してネギを育てることが出来る内容になっています。

 

もぐみん
簡単なネギの育て方、伝授するよ~

 

ネギとは

 

ネギは主に白ネギと青ネギがあります。

 

昔は関東で白ネギ、西日本では青ネギが食べれられていましたが、最近は全国でどちらもみられるようになっています。

 

青ネギは麺類などさまざまな料理のトッピングに欠かせない存在で、最もなじみの深い薬味と言えるでしょう。

 

白ネギは白い部分を加熱すると、とろっとろに溶けて甘味が強くなります。すき焼きのホープ的存在で、煮物や炒め物にしても美味しいでしょう。

 

葉の青い部分はβカロテン、ビタミンCが豊富で、白い部分は硫化アリルが含まれて疲労回復や結構促進などの栄養効果を発揮します。

 

家庭菜園では新鮮な青ネギもほぼ無限に穫り続けれますし、白ネギも簡単につくれるやり方があるのでぜひつくってみましょう。

 

もぐみん
ネギは丈夫で簡単に出来るんだよ

 

ネギ栽培の特徴

科目 発芽適温 生育適温 連作障害
ユリ科 20~25℃ 20℃前後 少な目(2年程あける)
日当たり 株間 収穫まで pH(土壌酸度)
日なた 6.5~7.0

ネギの原産地は中央アジアで、暑さ、寒さ両方に耐える野菜。

日本の気候にも合うため、春まき、秋まきで通年育てれます。

土寄せをして葉しょう部を白く育てる長ネギ(根深ネギ)と、葉身部(緑葉)を主に育てる青ネギ(葉ネギ)があります。

収穫は種まきから長ネギ(深根ネギ)で6~12か月、青ネギ(葉ネギ)で4~6カ月。

根は浅く広がり通気性の良い土壌を好みます。

乾燥にも強いですが多湿にはめっぽう弱いので、高畝にして堆肥をしっかり入れ水はけをよくしてあげましょう。

 

もぐみん
葉ねぎは苗さえ出来ればエンドレス収穫できるよ!

 

ネギのおすすめ品種一覧

ネギは長ネギ(根深ネギ)用と青ネギ(葉ネギ)用の品種に大きく分かれます。

長ネギは土寄せして軟白化させて主に白い部分を、青ネギは葉の部分を食します。

長ネギ用品種はほとんど分けつ(根元から芽が出て分かれる)しないので、基本的には1本引き抜き収穫が基本。

青ネギ用品種は旺盛に分けつするので、込み合う&ネギ坊主が出来る春に植え替えし増やしていくスタイルが基本。1本引き抜き、葉の摘み取り収穫がお好みでできます。

家庭菜園初心者には青ネギ用品種が手ごろでおススメですが、長ネギのとろっと甘い軟白部分も魅力的。

 

長ネギ(根深ネギ)品種のおススメ

おてがる一本ねぎ 「夏扇4号」

初心者が白ネギ栽培で品種に迷ったらこの品種。丈夫で夏の暑さ、冬の寒さに強く育てやすい。

 

下仁田ねぎ

群馬県下仁田地方由来の『殿様ネギ』と呼ばれる長さ20cm、太さ3cmほどの短太根深ねぎ。肉質はとてもやわらかくとろけるような舌ざわり。土寄せは収穫一ヶ月前ほどの一回で済ませる。

 

初心者は春に苗が売り出されるので購入して植え付けるのをおススメ。

 

冬わらべ

根深ネギ、下仁田、九条の特性を合わせもつ品種。辛みが少なく青い葉、軟白部分両方を美味しく食べれる。通常の根深ネギより二ヶ月育てる期間が短く、土寄せも2回でOK。

 

青ネギ(葉ネギ)品種のおススメ

九条葉ねぎ

関西でつくられる生育旺盛な葉ねぎ。暑さに強く育てやすいので家庭菜園初心者にうってつけ。葉が細く柔らかく香り良いため薬味に最適。大株になると1本から10本ほどに分けつし増やしていけます。

 

九条太

青ネギ(葉ネギ)の代表的品種。葉肉が長く柔らかいのが特徴。土寄せすれば軟白化させ食べることも出来る。分けつして増やしていくのもあり。

 

初心者は春先に出回る苗か、秋ごろに出まわる「九条干しネギ」を購入し植え付けると丈夫で簡単に良い収穫が出来ておススメ。

 

その他の珍しい隠れた人気品種

さつき姫(宿根ねぎ)

ネギ坊主が(ほぼ)出来ない品種。1本植 土寄せした軟白部分、青い葉両方を食せ、甘味が強い。ネギ坊主がないので5~6月も収穫出来、旺盛に分けつ(根元からわき芽が出て分かれる)するので、どんどん増やせる。

 

やぐらねぎ

葉の先端にやぐら状の根株をつける珍しい品種。根株をとって植え付ければどんどん増やせますし、元の株自体も分けつして増えます。

 

ネギの栽培時期

ネギの栽培スケジュールになります。

ネギ栽培時期横

 

土づくり(耕し方と肥料について)

苦土石灰を100g/㎡をまき、しっかりと耕しましょう。

高さ10cm、幅90cmの畝をつくり、元肥・堆肥を全面にばらまきクワでまぜこみます。

 

バーク堆肥(or腐葉土)を3kg/㎡

化成肥料150g/㎡

ポイント

・植え付け1週間前に済ませておく

 

種まき

まずは畝に水をまいて湿らせて、平グワなどで表土を押さえつけ圧着していきます。

ネギの種をまくために畝へ水をたくさんまいている様子

畝をまず軽く湿らせよう

ネギの種まき前に畝をクワで圧着している様子

クワや足で表土を固くしよう

10~15cmの条間をあけ、支柱などで押さえ1cmほどの蒔き溝をつくってください。

ネギの種まきで支柱をつかって植穴を作る様子

支柱でまき穴をつくっていく

ネギの種まきで植穴をあけている様子

10〜15cmの間隔で

その上から種を2~3cm間隔ですじ蒔きしていってください。

なるべく間隔をあけることで間引きの手間を減らす狙いがあります。

ネギの種まきで2〜3cmあけようと筋蒔きしている様子

小さすぎてまとまって落ちても後々間引けばOK

 

1cmほどの土をかけて、水で流れないようしっかりと手で土を押さえてあげてください。

 

ネギの種まきで土を5mmかけ押さえている様子

脇からちょいちょい土をかけしっかり押さえる

 

最後にたっぷりの水をやって完了。

 

種まきの最後にこれでもかと潅水している様子

たっぷりとやろう

 

ポイント

・発芽まで毎朝水やり

 

育苗と追肥

 

種まきから約1週間で発芽します。

葉が折れ曲がっているのはネギ類全般の特徴なので問題ありません。

そして発芽がそろったら加湿を嫌うため、水やりはしなくて構いません。

 

 

葉が15cmごろに伸びたら、株間に30g/㎡の化成肥料を蒔いて土と軽く混ぜ合わせ(中耕)てやりましょう。

 

均等にまき、土に混ぜ合わせよう

 

この時込み合った苗は間引いて、3cm間隔を保ちましょう。

 

ネギの間引きをしている様子

思い切って2~3cm間隔に間引こう

 

そのまま根元が1cm、40cmの苗まで生長させたら長ネギ栽培用に植え替える時期です。

 

もぐみん
間引いた苗を他に植えても、食べてもOK!

 

葉ネギ栽培は放置&再生で

葉ネギを食したい場合、植え替えずそのまま生育させます。

株元が40〜50cmになったところで株間に化成肥料30g/㎡の追肥をし、土と混ぜ合わせ(中耕)しましょう。

以後、基本的に追肥はいりません。葉色が淡くなりすぎる、再生が遅いようなら同量を追肥する程度で良いでしょう。

肥料が多すぎると病気の原因になるので注意してください。

 

収穫は15cm以上になれば随時していけます。

株ごと穫るなら40cm以上ですが、根元から2~3cmを刈り取って収穫することをおススメ。

刈り取り部からまた伸長してきて、何回でも再生します。

 

メモ

自家採取による繁殖も比較的容易にできるため、春から夏場に出来る葱坊主で種とりをするのも良いです。

春から初夏にかけてネギ坊主が出来るので、黒い種が見え始めたら葉の部分から切り取って日陰で乾かして取り出しましょう。

ちなみにネギ坊主が出たら切り取っても再生が止まるとありますが、心配しなくてもちゃんと再生します。ただ再生を繰り返すと根は大きくなるので、込み合ってきたら根ごと収穫するか、株分けしましょう。

 

長ネギ栽培

長ネギ栽培の場合、育苗して40㎝ほどになったら植え替えが必要です。

軟白部分をつくるため深く掘り、生長にともなって土寄せしていくことになります。

 

土作りと植え付け

苗は長さ40~50cm、根本1cmほどのものを選びます。

植える場所は苦土石灰を100g/㎡施し酸度矯正し、高さ10cm、幅70cm程の畝をつくっておきます。

そこから深さ30cm、溝幅15cmの植穴を掘ります。

苗を垂直にして、植穴へ株間5㎝間隔で置いていきましょう。

その上からバーク堆肥or腐葉土を5kg/㎡入れて、自立させてやります。

代わりに敷き藁やトウモロコシの残骸などを引いてやっても良いです。

いずれも酸素を多く必要とする根の通気性を保つことが目的。

 

追肥と土寄せ

追肥と土寄せは計4回やります。

1回目は植えつけから二週間後、化成肥料30g/㎡をバーク堆肥orワラの上に蒔いてください。

堆肥orワラが隠れる程度、土をかぶせてやってください。

2回目は1回目の一か月後、化成肥料30g/㎡をまき、溝が埋まるくらい土寄せしていきます。

葉の分岐部の生長点に土がかからないよう注意してください。

 

そこから1ケ月置きに化成肥料30g/㎡を蒔いて、土寄せを3回目、4回目としていきます。

最後は生長点の上まで土を盛り上げてかけましょう。

 

収穫

最後の追肥、土寄せから3週間以上経てば収穫期。

これより早くてもいつでもネギは収穫して食べれます。

株回りの盛り上がった土をクワで崩し、葉の付け根を持って垂直に抜いてやりましょう。

 

ちなみに一斉に収穫する必要はなく、必要な分だけ穫って、植えたまま保存することが可能です。

耐寒性もあるため雪が積もったりしてもそのまま春前まで放置してOK。

 

畑の都合で全部収穫したい場合は、別の土場に寝かせて軟白部分だけ土をかぶせておけば保存できます。

 

長ネギの落とし込み栽培

従来の土寄せがいらない画期的な方法。

畝に棒などで植穴を深くあけて、スポッと苗を落とし込むだけです。

植えつけ後の活着率は通常に比べ落ちるものの(特に粘土質は失敗しやすいかも)、圧倒的に手間が省けるので初心者にもおススメです。

また、土質によっては棒で穴をあけてもすぐ崩れてしまうので、土づくりし畝を作った後、しばらく置いて雨にさらし、土を締まらせてから植え付ける工夫がいります。

 

土作りから植えつけ、収穫まで

まず苦土石灰を100g/㎡散布し、しっかりと深くまで耕します。

この時点で化成肥料200g/㎡、バーク堆肥5kg/㎡を加えうないこんでください。

そして高さ30cm、幅90cmの畝をつくり、黒マルチを張ります。

 

直径5~6㎝の棒を用意して、株間・条間ともに10cmでマルチの上から30cmの深さまで刺して植穴を開けていきます。

ゴムハンマーなどで叩く、あるいは専用の器具を使うとやりやすいですよ。

 

そして苗を植え穴にすっぽり落としていきます。

 

以上、あとは基本的になにもせず置いておくだけです。水やりは加湿で枯れる原因になるのでしないでください。活着する一週間は大雨が少ない方が失敗なく根付くでしょう。

生長に従って葉色が薄くなるようなら、化成肥料30g/㎡をマルチの上からで構わないので均等に蒔いてやりましょう。

 

生長点が見え始めたら収穫時期。

そのまま根元を持ち引っ張れば収穫出来ます。

 

プランター栽培

coming soon…

 

失敗を防ぐ生育診断

ネギは乾燥、暑さ、寒さともに強い野菜です。

一方で多湿と多肥にはめっぽう弱いので注意が必要。

植えつけ後、早い段階で枯れる場合はだいたいが多湿が原因。

また、苗が小さい場合も起きやすいです。

枯れるのを防ぐため、土に湿り気なく、前後一週間に雨が降らない日を選ぶ工夫がいるでしょう。

 

コンパニオンプランツ(混植)

最近では1種類の野菜を植えるのではなく、他の野菜やハーブを近くに植えるコンパニオンプランツ(混植)するようになってきています。

相性しだいでは病害虫を防いだり、生育促進しあえるので一石二鳥というわけです。

さらに土壌中の養分も偏りにくく、連作障害がおきにくくなるとも言われています。

 

相性の良い野菜

ホウレンソウ 病害虫防ぐ
キュウリ 病害虫防ぐ
トマト 病害虫防ぐ
ニンジン 病害虫防ぐ

上記に限らず、ほとんどの野菜と相性が良く、病害虫を防いでくれます。

 

相性の悪い野菜

大根 又が多くなる
キャベツ・白菜・レタス 結球しにくくなる
豆類 生育を悪くする

 

畑を借りたい方に市民農園を紹介しています。

関東・関西(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都)の方ならシェア畑が手ぶらで始めれて、お手軽です。

参考記事【関東・関西】都心部で畑を借りるなら「シェア畑」がオススメすぎる件

シェア畑神ってる
【関東・関西】都心部で畑を借りるなら「シェア畑」がオススメすぎる件

  家庭菜園研究家のもぐみん(@agrimichi)です。   突然ですが、語らせてください。 &n ...

続きを見る

 

最後までご覧いただきありがとうございました。1日1クリック応援してくださると、とても励みになります。よろしくお願いします。
        ↓ ↓ ↓ ↓               ↓ ↓ ↓ ↓

家庭菜園ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

-野菜の育て方

Copyright© あぐりみち , 2020 All Rights Reserved.