野菜の育て方

そら豆の栽培方法・育て方【摘心でアブラムシ対策&病気知らず!】

ソラマメの収穫

 

家庭菜園研究家のもぐみん(@agrimichi)です。

 

家庭菜園初心者向けに、そら豆の栽培・育て方の基本をまとめました。

 

一般的な知識だけでなく、自身の経験から得たノウハウを盛り込んでいるため、初めての方も安心してそら豆を育てることが出来る内容になっています。

 

もぐみん
大きな豆になるコツを惜しげなく公開するよ

 

そら豆とは

ソラマメのサヤをあけた状態

 

そら豆は、豆類の中でも特に大粒で初夏を代表する味覚の野菜です。

 

大きなサヤから中身を出して食べるのが一般的。

 

そら豆の調理前

サヤから出したそら豆

 

さやが空に向いているので「空豆」、繭(まゆ)に似ていることから蚕豆(そらまめ)とも呼ばれます。

 

調理はなんといっても、シンプルに塩茹でにしておつまみとして食べるのが絶品。

 

そら豆の塩ゆで

塩茹でしただけのものが一番美味しい

 

ほくほく、ぷりっとした食感にくわえ程よい甘味があり、一度口に入れると手が止まらなくなってしまいます。

 

その他かき揚げや、すり潰して和え物やお菓子などの料理も出来ます。

 

そら豆の皮を向いた状態

ぷりっぷりでおつまみに最高

 

栄養は高たんぱくでビタミンB群も多く健康に良いのも嬉しいところ。

 

収穫してから数日ですぐに味覚が落ちてしまうので、穫れたその日に食べれる家庭菜園こそうってつけの豆と言えるでしょう。

 

もぐみん
穫れたてそら豆の甘みと旨味は格別だよ~

 

そら豆栽培の特徴

そら豆の栽培特徴

科目 発芽適温 生育適温 連作障害
マメ科 20℃前後 15~20℃ あり(3年程あける)
日当たり 株間 収穫まで pH(土壌酸度)
日なた 密植30cm 8か月半程 6.5~7.0

 

そら豆の原産地は西南アジアから北アフリカで、冷涼な気候を好む野菜。

種まきから収穫まで約8カ月かかり、豆類では一番の長期栽培にあたります。

 

夏の暑さに弱く、25℃以上では生育が著しく衰えがち。

逆に寒さには強く、幼苗期(本葉5枚)は氷点下や霜害にも耐える強さを持っています。

 

そして冬の低温に合うと花芽をつける性質があるため、秋まき春穫り栽培が基本。

苗を大きくしすぎると途端に寒さに弱くなる性質があるため、植えつけ適期を守ることが栽培の肝になるでしょう。

 

ポイント

・窒素肥料をやりすぎない

・種まき・植え付け時期を守ろう

 

そら豆の品種について

そら豆の品種

そら豆はさまざまな品種がありますが、家庭菜園では大粒種が育てやすいのでおススメ。

 

一寸そら豆

サカタのタネ 一寸そら豆徳用袋

豆が大きく丈夫で、栽培が容易です。

 

駒栄

花芽を付けるのに低温がいらないので、春まきが可能な品種。

 

そら豆の栽培時期

そら豆の栽培時期です。

あくまでも目安なので、詳細は種袋の裏をみて確認してください。

秋まき初夏穫りが基本で一般的。

ただし品種を選べば、暖地は夏まき秋穫り、寒冷地では春まき夏穫りも可能です。

そら豆栽培時期横

 

種まきと育苗

そら豆の種

そら豆は直まき、ポットまき両方出来ます。

 

マメ科は直根で移植の際に根痛みが起きやすいため、直まきが原則という考え方があります。

 

しかし鳥害対策がいること、発芽には腐らないための水分コントロールが必要なことから俄然ポットorセルトレイまきがおススメ。

 

もぐみん
直まきだと降雨が重なった場合腐るなどして失敗することが結構あるよ

 

種まきポイント

・初めの水やり以降、日陰に置いて発芽まで水やりは極力しない(腐り防止)

・発芽してからは徒長を防ぐため表土が乾いたらあ朝だけ水やりし日光に十分当てる

 

ポットまき

そら豆のポットまき

 

培養土を入れた3号ポリ鉢へ事前にたっぷりと水をまき、種を1粒置きます。

直播きの場合と同様に、おはぐろが斜め下になり頭部が見えるくらい押し込んでください。

 

ポットまきの様子

お歯黒を下にして押し込む

ポットまき完了

少し頭頂部がみえるくらいに。後々土が沈んで3分の1くらい見え出す。

 

そのまま乾燥しないよう新聞紙をかぶせるなどして20度前後の日陰においておきます。

途中表土が乾燥するようなら水やりしてください。

 

そら豆の水やり

最初に水やりをしたら、その後は日陰に置き極力やらない。

 

うまくいけばだいたい1週間程度で発芽します。

 

そら豆の発芽

気温が低いと発芽に2週間以上かかることもある。

 

そのまま本葉2~3枚(3週間程)まで育ててください。

 

本葉2~3枚の苗

そら豆の植え付け期

 

セルトレイまき

ソラマメのセルトレイまき

 

大量に植える場合は、セルトレイまきがオススメ。

ソラマメは種が大きいので72穴か50穴が良いです(上画像は50穴)

 

ソラマメのセルトレイまき

種の置き方はポット同様

 

直まき

そら豆の株間30㎝程

株間、条間ともに30cmあけ、種を一つずつ置いていきます。

写真のように千鳥まき(交互に1粒ずつ)で置くと追肥や土寄せがしやすいでしょう。

種のおはぐろ(黒い部分)を斜め下に向けて土に押し込み、種頭部がちょっと見えるくらいにしてください。

 

そら豆の露地種まき

お歯黒が埋まるように斜め下に押し込もう

そら豆の種まき

頭がちょっとみえるくらいで埋めきらない

 

たっぷりと水やりしてください。

最後に鳥害対策として、不織布orネットを上からゆるく被せておきます。

本葉2~3枚になれば外して構いません。

 

植え付け

植え付け適期

 

本葉2~3枚になったら畑に植え付けていきましょう。

株間、条間ともに30cmあけます。

 

30㎝の株間

30㎝は密植だが家庭菜園向き

 

晴天の午前中を選び、マルチ穴にポット大の穴をあけ、あふれるくらい水を入れます。

 

植穴を掘る様子

ポット大の植穴を掘ろう

水入れ

あふれるくらい水を注ぐ

 

ポット苗にも十分に水をかけ、崩さないように植穴に入れ、軽く土をかけ押さえてください。

 

水やり

バケツに入れた水につけても良い

苗をポットから抜いた様子

指で挟んでポットを抜こう

 

最後に十分に水をやり完了。

 

植え付け完了

軽く手で押さえて自立させよう

水やり

これを最後に、水やりはしなくて構わない

 

セルトレイの場合もポットと基本的に植え付け方は同じ。

 

セルトレイ植え付け

下穴から割りばしで押して出すのもあり。

セルトレイ植え付け

写真の苗は徒長しているので深めに植えた

 

土づくり【耕し方と肥料について】

まず種まきの約一週間前に、粒状苦土石灰を200g/㎡(1㎡おおよそ4握り)まき、しっかりと耕します。

 

苦土石灰をまいている様子

粒状が圧倒的に使いやすくおススメ

苦土石灰をまき耕している様子

しっかりと耕し、苦土石灰を混ぜ込もう

 

この時、耕しついでに高さ20cm、幅90cm程の畝を作っておきましょう。

 

また肥料を混ぜ込むので、表土はならさずアバウトな畝でOK

 

そして種まき当日、堆肥・元肥を全面にばらまき畝が崩れない程度にクワで軽く混ぜこみ、平グワorレーキで表土をフラットにします。

 

畝1㎡あたり元肥量

元肥の量

・バーク堆肥or腐葉土 3~5㎏

(約5~8ℓ分)

・化成肥料888  50g

(おおよそ1握り分)

バーク堆肥と888を入れて軽く混ぜ込んでいる様子

表層を軽く混ぜ込むだけでOK

平グワで表土をならしている様子

平グワなどで表土をフラットにしよう

 

土づくりポイント

・苦土石灰散布は、植え付けの一週間前に終わらせておく

・酸性を嫌うため十分苦土石灰を施す

・植物性堆肥&化成肥料なら、即日種まきOK

 

マルチング

シルバーマルチ

 

栽培が長期間になるため、雑草の手間を省くためにもマルチ利用をおススメします。

地温が保たれ、水分も保持してくれるので生育が良くなる効果もあります。

 

マルチ開けで植穴をあけている様子

専用のマルチ開けであけると便利

 

そら豆はアブラムシ被害にあいやすく、ウイルス感染が致命傷になるためシルバーマルチにすることをお勧めします。

 

もぐみん
シルバーの反射でアブラムシが嫌がって逃げるんだよ

 

防寒対策について

そら豆防寒なし

そら豆は幼苗期(本葉5枚程度)は寒さに強く-5℃にまで耐えます。

よって関東以南の平野部なら防寒は必須ではありません。

山間部や極寒地は霜が降りだす頃に株元に藁を引き、トンネルで不織布をかぶせて対策をしましょう。

 

水やりの仕方

そら豆の水やり

 

そら豆は秋に植え付けてから来年の春先になるまで、水やりは基本的にいりません。

春になる前に過剰に水やりし育てすぎると(本葉5枚以上)寒さに弱くなって霜害に合いやすくなってしまいます。

 

春先になり生長がはじまってもよっぽど乾燥しない限り水やりはいりません。

花芽が付き始めて実がつく4~5月は乾燥が続くようならばしっかりと水やりすることでぷりぷりの実が入ります。

 

もぐみん
あくまでも理想! 降雨まかせでもしっかりなるから心配しないで

 

主枝は脇芽が出だしたら摘心する

そら豆から脇芽が出た状態

 

春先になると生長が始まります。

最近は温暖化の影響もあり、地域によっては冬の間でもぐんぐん生長する場合もあるでしょう。

 

本葉が5~6枚になり脇芽が出始めたタイミングで、主枝(真ん中の一番太い枝)の根元から5節目を摘心してください。

 

摘芯

下5節を残してハサミで主枝を切ろう

 

そら豆は主枝にはあまり実をつけず、脇芽にたくさん着果させる性質を持っています。

 

摘芯すると脇芽がぐんぐん生長する

 

なので主枝を取り除くことでわき芽が旺盛に育ち、結果的に収量が増えます。

 

摘芯後、生長しはじめたそら豆

春先になりわき芽が横に広がりながらグンと生長し始めた

 

わき芽の整枝

草丈30~40㎝の整枝ごろ

 

草丈が30~40㎝以上まで生長するとわき芽が出揃い10~15本になります。

花芽が付く前に細いものを根元から摘み取って6~8本の枝にしましょう。(写真は暖冬の影響か早くから花が咲いてしまった)

 

そら豆の整枝

そのままでも良いが、細い枝を切り6~8本にするのが望ましい

 

枝の数を少なくすることで、大きくつまった豆が出来るようになります。

 

そら豆の細いわき芽

細く小さい枝を選ぶ

soramame-tekisin

ハサミで根本から摘芯する

 

その後も生長とともにまたわき芽が出てくるので、気付いたら早めにかきとるようにすると良いでしょう。

 

細い枝を摘芯し6~8本に

太い枝のみ残し6~8本にしよう

わき芽出始めの摘芯

その後のわき芽は小さいうちに

 

支柱を立て倒伏防止

そら豆の支柱立て

 

そら豆は風や株自体の重みで倒伏しやすいです。

草丈が30~40cm以上の整枝時かその後しばらくしたら、倒れないよう支柱立てをしましょう。

4隅に支柱を立て、紐(アブラムシ防止にキラキラテープが最適)でこれから高くなる1.5m付近まで囲っておいてください。

 

そら豆の支柱立て&キラキラテープ

四隅に支柱を立て紐かキラキラテープで囲おう

そら豆と支柱立て&キラキラテープ

40㎝ごとにテープをまき補強していく

 

 

追肥と土寄せのタイミング

そら豆の追肥

 

そら豆は開花時と、実がつき始めたころの2回にわたり追肥をします。

マルチをしていない場合は土寄せとセットで行いましょう。

雑草防止と倒伏防止効果があります。

 

第一回目(開花したころ)

そら豆の花

 

花が咲き始めたタイミングで、畝肩に化成肥料888を30g/㎡追肥してください。

 

そら豆の雑草取り&中耕

雑草を取り表土をほぐしてやる

そら豆一回目の追肥

畝肩、あるいは株周りにまいて混ぜ合わせる

 

根を傷めない程度に表土と混ぜ合わせ(中耕)、この時も先に株元へしっかり土寄せしておきましょう。

 

株元への土寄せ

しっかり土寄せで倒伏防止と雑草も防げる

 

マルチをしている場合は、株から離れた畝肩付近にいくつか穴をあけ、まとめて肥料を入れましょう。

 

マルチ一回目追肥穴あけ

指で小さく穴をあけよう

マルチ一回目追肥

複数あけまとめて肥料を入れる

 

入れた後、土をかけて埋まったする形にすると良いです。

 

そら豆の追肥一回目完了

1㎡4か所くらいあけるのをおススメ

そら豆追肥後の覆土

最後は土をかぶせておきたい

 

第二回目(実がしっかりつきはじめたころ)

そら豆の2回目の追肥

二回目の追肥合図

 

一回目の追肥の約2~3週間後、サヤがつき肥大が始まるころに再度、同量追肥します。

 

2回目の追肥

畔にパラパラとまく

そら豆2回目追肥の中耕

軽く混ぜ合わせよう

 

以前土寄せしているのでそのままでも問題ないですが、倒れそうな株はしっかり再度土寄せしておきましょう。

 

土寄せ後のそら豆

しっかり土寄せした後のそら豆

 

マルチをしている場合も、根がかなり伸びてきているので畔にまいて十分効きます。

 

マルチ2回目追肥

畔にパラパラとまけばOK

マルチ2回目中耕

表土と混ぜ合わせておきたい

 

サヤがつき始めたら摘芯

そら豆の枝先摘芯期

 

最初のサヤがつき肥大するころ(草丈70~80cm)になったら枝の頂点を10㎝ほど摘芯します。

 

そら豆の枝先摘芯

枝先10㎝ほどから思い切って切って構わない

そら豆の枝先摘芯後

全ての枝を同じように切っていこう

 

摘芯で伸びすぎによる倒伏を防止、枝先につきやすいアブラムシ対策が期待できます。

先端は残して花芽がついたとしても、どうせ食べれるほどの実はならないので摘心して問題ありません。

 

摘果

そら豆の理想の成り方

 

そら豆は一枝あたり10サヤ、各節に2個ついた状態が理想です。

1節に3個サヤが出来ているところは、摘果して1節2個(大きなものが欲しい時は1個)にしていきましょう。

 

収穫

そら豆の収穫期

 

開花後から30~40日で収穫になります。

サヤが空を向いていたのが、下に垂れるのも合図。

 

そら豆の収穫

しっかりと豆が垂れている。ハサミで切り取ろう

 

他に、サヤに光沢が出来、背筋が黒くなる、豆のおはぐろが黒くなれば適期です。

 

収穫サイズ

試しに収穫し中身をみるとわかりやすい

 

プランター栽培

coming soon…

 

畑を借りたい方に市民農園を紹介しています。

関東・関西(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都)の方ならシェア畑が手ぶらで始めれて、お手軽です。

参考記事【関東・関西】都心部で畑を借りるなら「シェア畑」がオススメすぎる件

シェア畑神ってる
【関東・関西】都心部で畑を借りるなら「シェア畑」がオススメすぎる件

  家庭菜園研究家のもぐみん(@agrimichi)です。   突然ですが、語らせてください。 &n ...

続きを見る

 

最後までご覧いただきありがとうございました。1日1クリック応援してくださると、とても励みになります。よろしくお願いします。
        ↓ ↓ ↓ ↓               ↓ ↓ ↓ ↓

家庭菜園ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

-野菜の育て方
-, , , , , ,

Copyright© あぐりみち , 2020 All Rights Reserved.