野菜の育て方

じゃがいもの栽培方法・育て方【春・秋作ともに水やりなしで収穫!】

じゃがいも収穫

 

家庭菜園研究家のもぐみん(@agrimichi)です。

 

家庭菜園初心者向けに、じゃがいもの栽培・育て方の基本をまとめました。

 

一般的な知識だけでなく、自身の経験から得たノウハウを盛り込んでいるため、初めての方も安心してじゃがいもを育てることが出来る内容になっています。

 

もぐみん
土寄せも追肥もいらない楽な方法もあるよ~

 

じゃがいも栽培の特徴

じゃがいも栽培の特徴

科目 発芽(ほう芽)適温 生育適温 連作障害
ナス科 15~20℃ 15~23℃ あり(3年程あける)
日当たり 株間 収穫まで pH(土壌酸度)
日なた 25~30㎝ 3か月半程 6.0~6.5

 

じゃがいもの原産地はアンデス高原で、冷涼な気候を好む作物。

種イモを直接植えることで芽を出し、地中でイモが増殖します。

 

芋は光に当たると緑色(緑化)し、毒性のあるソラニンが生成されるため栽培では日に当てないようにしなければなりません。

収穫は種イモを植えてから3カ月半で出来、元の10倍以上も穫れるためお得感にあふれています。

 

極端な寒さ(霜)や暑さ(30℃以上)に弱いので、日本では比較的涼しい時期の春植えと秋植えが基本。

水はけのよい砂壌土が適し、多湿には弱いため高畝にして育てましょう。

土がアルカリ性に傾くと病気になりやすくなるため、酸度矯正(苦土石灰の施用)は控えめにするのも肝。

 

ポイント

・アルカリ性に傾かない土を

・サツマイモと違って肥料はちゃんとやる

・ナス科との連作は避ける

 

 

 

じゃがいもの人気品種一覧

じゃがいもは多くの品種があり、ホクホクした粉質系からしっとりした粘質性までのさまざま。

春植え、秋植えにそれぞれ適したものもあります。

ここではその中でも育てやすく、初心者におすすめな品種をあげておきます。

 

春植え用じゃがいも

メークイン(粘質)

 

男爵(粉質)

 

秋植え用じゃがいも

デジマ

 

ニシユタカ

 

じゃがいもの栽培時期

じゃがいもの地域ごとの栽培スケジュールになります。

栽培時期横

 

 

種イモの準備

じゃがいもの種芋

 

種イモは病斑のない綺麗なものを選びます。

食用はウイルスを保有している場合があるため、必ず植えつけ専用の検査合格書のついたものをホームセンターや園芸店で購入してください。

選ぶ基準としては、なるべく小さい種芋がたくさん入っているものが良いです。

 

農協購入の種芋

農協で購入した検査合格書付き種芋

 

メモ

じゃがいもの芽が出てきた状態

購入した種芋を事前に芽出し(浴光育芽)する方法があります。

日光の当たる場所に芋を置き、夜は保温のためしまうのを2週間ほど繰り返すと芽が出てきます。

浴光育芽中のじゃがいも

日光に当て、ほう芽を促そう太い芽が5mm程度出た状態がベター。通常より生長が早まり、芽の徒長も抑えてくれる効果があります。

ただし秋作時は腐りやすいので浴光育芽せず、切り出し後1~2日涼しい場所に置き乾いたらすぐ植え付けてください。

 

植え付ける当日~数日前に種イモ一片が30~40gになるように包丁で切ります。

1片が60~80gになった場合はさらに半分に切りましょう。

50g以下のじゃがいもはそのままで構いません。

 

大きな種芋

明らかに大きすぎるので半分に切るサイズ

小さな種芋

50g以下なら丸ごと植え付けよう。

注意ポイント

秋作は大きくても切り出さず、丸ごと植え付けることをおススメ。

気温が高く切り口が格段に腐りやすいためです。

 

種イモの先端からお尻の方に向けて縦に切ります。

 

ジャガイモの芽数か偏らないよう切っている様子

縦に沿って切れば芽の数が偏らない

じゃがいもの切り口

切り口は腐りやすいので乾燥か草木灰をつける

 

粒状のくぼみ点(芽)がそのまま新芽となるので、芽の集中した先端に近い部分から縦に切ることで1片あたりの芽の数が偏りません。

 

種芋切り

丸っこい品種はわかりにくいが、芽が均等になるよう切ろう

 

その後切り口に草木灰をつけます。

 

ジャガイモの切り口につける草木灰

ホームセンターなどで少量袋で手に入る

 

じゃがいもの切り口は水分が多く、そのまま植え付けると腐りやすいためです。

 

種芋の切り口を草木灰につける準備

草木灰を少量、包装紙や段ボール内に取り出そう

草木灰を種芋片につける様子

しっかりと切り口に草木灰をすりつけよう

 

この状態ですぐに植え付けることが出来ますし、数日陰で軽く乾かしても良いですよ。

 

草木灰をつけた種芋片

このまますぐに植え付けてOK

 

通常栽培とマルチ栽培について

ジャガイモの栽培方法には大きく

 

・通常栽培→二回ほど追肥&土寄せをする

・黒マルチ栽培→追肥・土寄せなし

 

の2つがあります。

 

通常栽培【ジャガイモが出来る仕組み】

じゃがいもの通常栽培

 

ジャガイモは種芋を植えると、茎(ストロン)が伸びてそこから新たにジャガイモが出来肥大していきます。

 

じゃがいもの収穫

ストロン(地下茎)が伸び肥大する前のジャガイモ

 

土の表面付近に出来るので、随時土寄せしないと日光により緑化して毒性を持ち食べられなくなってしまいます。

土寄せすることで新たにストロンと根を伸ばし吸収するスペースが出来るので、芋も出来やすくなるというわけ。

 

マルチ栽培について

ジャガイモのマルチ栽培

 

マルチ栽培だと最初に黒マルチをかけ遮光するので、日光を防ぐため遮光する手間が掛かりません。肥料持ちも良いので元肥のみで追肥もなし。

良い事づくめのようですが土の状態や気温によって、覆土の深さやマルチをかけるタイミングを間違えると芽が出ないこともあります。

 

マルチがけして芽が出ていない

気温の高い秋作ではすぐマルチがけすると芽が出ない場合も

 

あと小規模の家庭菜園なら、最初のマルチがけと芽出し作業を考えるとさほど通常と手間も変わらなかったりするので、一概にマルチ栽培の方が良いとは言えません。

 

もぐみん
はじめてで失敗の可能性なく出来るのは通常栽培かな~
さやか
でもマルチ栽培だと土寄せも追肥もいらないし、上手くいけば収量も通常よりUPすることもあるから魅力的ですね。

 

土づくり【酸度矯正・堆肥の入れ方】

ジャガイモ栽培の土作り

 

植え付けの1~2週間前に苦土石灰を50g/㎡入れしっかり混ぜこみ耕します。

 

苦土石灰をまいている様子

粒状が圧倒的に使いやすくおススメ

苦土石灰をまき耕している様子

しっかりと耕し、苦土石灰を混ぜ込もう

 

そしてこのとき、高さ20cm、幅90cmの畝をつくっておきます。

 

じゃがいも栽培の畝立て

どうせ当日堆肥を入れるので、表土はならさなくてOK

 

当日2~3㎏のバーク堆肥or腐葉土を、畝が崩れない程度に混ぜ込みましょう。

 

堆肥の投入

植物性堆肥なら当日投入で問題ない

堆肥の混ぜ込み

畝を崩さない程度に軽く混ぜ込めばOK

 

土作りポイント

・酸度矯正は植え付け一週間前に済ませておく

・苦土石灰は少量にしPHを上げすぎない→そうか病対策

・堆肥は植物性堆肥(バーク堆肥・腐葉土)であれば当日投入OK

 

肥料の入れ方&植え付け

肥料の入れ方や植え付け方法は通常とマルチでは微妙に異なります。

先に共通のポイントを示しておきましょう。

 

・肥料は直接芋に当たらないようにする→種芋の腐り防止

・10cm以上(粘土質5㎝)深く植えない→発芽率が格段に下がるため

・種芋切り口を地面に向ける→水が溜まり腐るのを防止

 

通常栽培

ジャガイモの植穴堀り

 

畝全体に深さ20cmほどの溝を30cmごと(条間50~70cmになる)につくり、種イモ片を株間25cmで置いていってください。

 

ジャガイモの植穴堀理中

20㎝深の溝を、30㎝あけてつくっていこう。

じゃがいも植穴完了

30㎝ほど溝と溝の間があき土寄せしやすくなる

 

この時種芋の切り口は水が溜まって腐らないよう下に向けます。

 

種芋片の置き方

種芋片を溝に置いていく

種芋片切り口を土側にする置き方

切り口を土に向け置き水が溜まり腐るのを防ぐ

 

化成肥料888を芋と芋の間に20~30gまとめてポンと置いていき、その後10cm程覆土したら完了。

 

種芋感覚25cm

25cm間隔であけておいていく

種芋を置いた様子

後は覆土していけばOK

 

※写真はないですが、ここで肥料を間に置いていきます。

 

種芋の覆土

掘った時に出た土を使う

種芋の覆土中

10cm(粘土5㎝)程、種芋に土をかけていく

 

植え付け覆土完了

覆土完了。間の土は土寄せの時に種芋へ寄せていく

 

マルチ栽培

株間・条間ともに30㎝ほどあけ千鳥植え(交互に埋める)します。

10cm(粘土質5㎝)ほどの深さで埋めていってください。

肥料は追肥をしないので、元肥として化成肥料888を1㎡200g(約4握り)やります。

芋と芋の間に20~30gおきにまとめておいていきましょう。

最後に黒マルチをかけて完了。

 

もぐみん
畝はカラカラの乾燥状態より、雨後適度に湿った状態でマルチをかけるのがベターだよ

 

メモ

秋栽培の場合、暖地や中間地は芽が出揃ってからマルチがけすることをおススメします。

気温が高いため、最初にマルチをかけると芋が煮える可能性が高いからです。

 

マルチ栽培の芽出し

じゃがいもの芽出し

 

だいたい植え付けから15日~30日後、芽が出てきます。

畝に被せた黒マルチに、突起状のふくらみが出ます。

 

マルチ栽培芽出し

突起が出来たらすぐにマルチを破って出してあげよう

 

マルチを少し破って芽だけ地上に出してやりましょう。

芽を出さずに置いておくとマルチ熱で枯れてしまう場合があるので、見つけたらなるべく早く出してください。

 

芽かきの仕方

じゃがいもの芽かき時

 

植え付けから約一か月後、種芋1片あたり5~6本は芽が出てきます。

芽が出揃い草丈10~15cmほどになったら、勢いの良い太い芽を二つ残して芽かきしてください。

 

芽が出揃って草丈10cm

草丈10cm程、芽が出揃った状態

 

なるべく根元から引き抜きぬかないとまた芽が出てくるので、種イモ付近を片手で抑え、手を土中に押し込んで横に割くようにかきとりましょう。

 

芽かきの最中

片手で芋上を押さえ、根元の土奥まで指を食い込ませ横に向けかきとる

芽かき成功

奥の根ごととれればOK

 

こうすることで、養分蓄積が二つの芽に集中し、大きなじゃがいもが穫れるようになります。

 

芽かき後の太い2本苗

最終的に大きく太い2本の苗だけ残して完了

 

もぐみん
芽の数が多いとジャガイモは小さくなるけど穫れる数が増えるよ~

 

メモ

花が咲くと養分が奪われてしまうので余裕があればとろう芽かきした脇芽

芽かきした苗、そのまま捨てていませんか?

実はそのまま土に刺すと、じゃがいも(小ぶり)が出来ます!

脇芽の挿し木

土に挿しこむだけでOK

育てている株間に刺すのもよし、他畝で栽培するもよし。一度試してみてください。

じゃがいもの脇芽挿し木

挿し木した直後の脇芽

生長したじゃがいも脇芽挿し木

わずか20日でここまで生長する

 

水やりはいらない

じゃがいもは本来、涼しく乾燥したアンデス地帯で生息していた作物。

乾燥に強いため、植えつけてから水やりは一切いりません。

逆にやりすぎると種芋が腐る原因になってしまいます。

 

追肥と土寄せの仕方【芽かきと花が咲く頃に】

 

通常栽培は芽かき時と、約3週間後の蕾がつき花が咲きそうになるころの計2回、追肥と土寄せをします。

ジャガイモは日光に当たると緑化し、有毒化して食べれなくなるので必ずしっかりと土寄せしましょう。

 

最初の追肥&土寄せ

 

芽かき時に40g/㎡の化成肥料を株の周りにまき、表土と混ぜ合わせ(中耕)ます。

 

芽かき時がジャガイモの追肥時

株元付近にパラパラとまく

一回目の土寄せ

肥料を混ぜ合わせ(中耕)

 

そして株元に5cmほど土寄せしてください。

 

土寄せ1回目

横の盛り上がった土を落とし寄せて5㎝ほど覆土していく

 

2回目の追肥&土寄せ

蕾がつく2回目の追肥時

 

それから約三週間後、蕾がつくころに再度追肥と土寄せをします。

株の周りに40g/㎡の化成肥料をまき、通路の土も使い10cmの厚さで土寄せしてください。

 

2回目の追肥

株元から少し離して混ぜ合わせると良い

2回目の土寄せ

横の土を使って10cm程土寄せしていく

 

2回目の土寄せ完了後も、大きくなりはじめたら随時芋がみえていないか確認し、場合によってはもう一度土寄せしましょう。

 

平グワによる土寄せ

平グワで土寄せするのが楽

土寄せ完了

土寄せ完了。この後も芋が露出しないよう随時様子見しよう。

 

ルチ栽培は元肥を入れ、マルチを張っているので追肥・土寄せともに一切いりません。

黒マルチが光をシャットアウトしてくれるので、土寄せせずともジャガイモが青くならないです。

 

メモ

花が咲くと養分が上部に奪われてしまうので、余裕があれば摘み取りましょう。

 

収穫方法【時期とタイミング】

じゃがいもの収穫期

 

葉が黄色く枯れ、茎が倒れてきたら収穫の合図。

雨に当たると腐りやすくなるため、晴天が3日以上続き土が乾いた日に穫ります。

最初に一株ほど試し掘りして大きさを確認するのも手です。

 

じゃがいもの試し堀り

軽く横堀りして大きさを確かめてみよう

 

あまりに小さいならもう1~2週間置いてみましょう。

マルチ栽培の場合は、黒マルチをカッターなどで切って取り除きます。

 

マルチ栽培の収穫

先に茎を鎌で刈るとマルチをとりやすい

 

株元から20cm以上離れたところにクワを入れて、てこの原理で上げながらほぐしてください。

 

クワでじゃがいも収穫

茎から30㎝以上離れたところからクワを入れる

クワでジャガイモ収穫

てこの原理で持ち上げれば出てくる

 

そして十分に土がほぐれたら、株元をつかんでイモを掘り起こしていきます。

 

じゃがいもの収穫

ゴロゴロと良いサイズが出てきた

 

注意ポイント

・収穫後、絶対に長時間直射日光に当てない→芋が緑化して有毒化します

・ジャガイモになった実は絶対に食べない→有毒のソラニンを含むため

 

収穫後の保存

ジャガイモの乾燥

 

収穫した後は、緑化しないよう日陰で数時間乾かした後に収納してください。

積み上げるとすぐに腐ってしまうので横並びしておくようにしましょう。

その後は新聞紙などに包んで日の当たらない涼しい場所(5℃前後・湿度95%程度が最適)に置いておきます。

 

逆さ植え・浅植え栽培って?

逆さ植えとは、種芋の植え付け時に芋の切り口を下にせず逆さに置いて植える方法です。

逆さにすることで強い芽だけがぐるりと底から回って出てくるので、芽かきの必要がなく、大きな芋ができやすいと言われています。

 

浅植え栽培はマルチ栽培の際、種芋を埋めずに畝表面に置くだけで育てる方法。

埋めるのと収穫時に掘る手間が省けます。

 

メモ

逆さにすると水がたまり腐りやすい、浅植えは暖地など高温下では煮えて発芽率が下がる・肥料を通常より吸いにくく収量が下がるなどのデメリット意見もあるので、過信せず比較してみると面白いかも。

もぐみん
地域のよって土の状態や気温が違うからこれが最強! っていう栽培方法はないんだ。
さやか
各々でいろんな栽培方法を試していくのも家庭菜園の醍醐味ってことなんですね。

 

プランター・袋栽培

coming soon…

 

失敗を防ぐ生育診断

 

実が割れる

生育後半で乾燥や高温にさらされ生長がとまったところ、降雨で急激に水分を吸収すると生長が追いつかず、実が割れることがあります。

皮がもともと薄いデジマやキタアカリでも起きやすいと言われています。

 

花が咲かない

coming soon…

 

実が腐る

生育中に腐りやすいのは植え付け直後です。

はじめに水をやりすぎるとそのまま腐ることがあるので注意。水やりしないか、軽く湿らせる程度にしましょう。

収穫後腐るのを防ぐには、晴天時が続く日に取る&陰干しをしっかりしましょう。

 

空洞ができる

空洞は男爵で起きやすい傾向にあります。

原因はさまざまで、多肥、あるいは乾燥、高温など急激な環境変化が考えられます。

大きくなりすぎた芋もなりやすいです。

 

早くに枯れる

ジャガイモは早植えすると、新芽が茶色く枯れてしまうことがあります。

遅霜の被害なので、トンネル栽培をするなどして対策をしましょう。

また、早植えする方法としては植え付ける前に地面に種イモを並べビニールトンネルをかけて芽出しする方法があります。

その他、病気感染が疑われます。

 

なりやすい病気と対策

 

そうか病

表面が茶色いかさぶた状になります。土壌PHが高くなりアルカリ化していることが原因なので、次からPHを測り苦土石灰の散布量を調整することで防げます。

 

 

畑を借りたい方に市民農園を紹介しています。

関東・関西(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都)の方ならシェア畑が手ぶらで始めれて、お手軽です。

参考記事【関東・関西】都心部で畑を借りるなら「シェア畑」がオススメすぎる件

シェア畑神ってる
【関東・関西】都心部で畑を借りるなら「シェア畑」がオススメすぎる件

  家庭菜園研究家のもぐみん(@agrimichi)です。   突然ですが、語らせてください。 &n ...

続きを見る

 

最後までご覧いただきありがとうございました。1日1クリック応援してくださると、とても励みになります。よろしくお願いします。
        ↓ ↓ ↓ ↓               ↓ ↓ ↓ ↓

家庭菜園ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

-野菜の育て方
-, , , , , ,

Copyright© あぐりみち , 2020 All Rights Reserved.