ハーブの育て方

ワイルドストロベリーの栽培・育て方【日陰より日当たりのよい場所で】

 

家庭菜園研究家のもぐみん(@agrimichi)です。

家庭菜園初心者向けに、ワイルドストロベリーの栽培・育て方の基本をまとめました。

ワイルドストロベリーの種植えから育苗、収穫までお伝えします。

さらに栽培のコツや病害虫対策、利用方法まで網羅しているため、安心して香り高いワイルドストロベリーを育てれるようになっています。

 

ワイルドストロベリーとは

ワイルドストロベリーは、日本で野イチゴと呼ばれる小型のイチゴ。

「幸せを呼ぶハーブ」として女性からも人気が高いです。

通常の一度より果実は小さいですが、熟すと甘みと香りが強くワイルドな風味。

生で食べてもよし、ジャムや果実酒、お菓子に混ぜても良いでしょう。

さらに葉には健胃、利尿作用ありドライにして、ティーにするのもGOOD。

株が小さくて可愛いので観賞用にも適しています。

ビタミンCが豊富なので果実をつぶしパック剤にすると美肌効果も期待できる、まさに女性にうれしいことづくめなハーブ。

 

注意ポイント

妊娠時のティーの飲料はダメ

 

ワイルドストロベリー栽培の特徴

別名 科目 発芽適温 株の大きさ 種類 PH(土壌酸度)
エゾヘビイチゴ・ヨーロッパクサイチゴ、ノイチゴ バラ科 25℃前後 高15~30cm 多年草 6.0~6.5(弱酸性

ワイルドストロベリーはヨーロッパ、アジア、北アメリカなどに分布する野生イチゴ。

日本でも北海道で野生化がみられ、暑さ、寒さにともに強く丈夫なハーブです。

日当たりと水はけのよい環境を好みます。

半日陰でも育ちますが、生長や甘みが芳しくなくなるので、外でしっかりと日に当て育ててあげましょう。

水分自体は多めの方が良いので、しっかりと水やりすることも肝。

窒素が多いと葉っぱばかりで実がつきにくくなるので注意してください。

 

初心者が室内栽培なら栽培キットもあり

ワイルドストロベリーは水はけ良く日当たりの良い場所を好むため、室内はあまり向いていません。

しかし初心者で室内からチャレンジしたい場合、栽培キットから始めるという手もあります。

窓際の日当たりの良い場所で育ててあげましょう。

 

ワイルドストロベリーの栽培時期

ワイルドストロベリーの地域ごとの栽培スケジュールになります。

coming soon‥

 

苗の準備と植え付け

種はなかなか売ってないので、市販苗を購入しましょう。

ただ実をならせば種まきから簡単に発芽させることもできます。

葉色が鮮やかで茎が太く、根本がしっかりし本葉が7~8枚あるものを選びます。

新しい鉢・プランターを用意し、鉢底網を置き、軽石を少量入れます。

ハーブ用or野菜用の培養土を鉢に入れ、ポット大の植穴を開けます。

ポットの土を崩さないように苗を植え付け軽く上から押さえてください。

最後にたっぷりと水やりして完了。

直植えの場合は株間30cmほど開けましょう。

 

ポイント

・冬、真夏の植え付けは避けよう

 

置き場所・管理

根はイチゴ同様浅く張るので乾燥に弱く、高温多湿にも弱め。

鉢植えの場合、風通しの良い軒下などの半日陰が適しています。

直植えの場合は乾燥が続くなら水やりをします。

鉢植えの場合、表土が乾いたらたっぷりと鉢底から出るくらい水やりをしてください。

暑い真夏の時期は乾く前に朝、夕とやると良いでしょう。

 

摘心・剪定

葉が込み合うと湿気が籠り、病気になりやすくなります。

収穫を兼ねて、株の内側から茎の根元から切り取って剪定して風通しをよくしましょう。

また、収穫期はランナーが出ても随時切り取るようにすることで収穫量が増えます。

 

追肥の仕方

イチゴ同様、窒素肥料をやりすぎると実つきが悪くなるので注意。

植え付け一か月後から春~秋にかけて月一回化成肥料888を5g(一つまみ)追肥してください。

鉢植えは春先から10月ごろにかけて液肥を一本鉢に刺しておくのも良いでしょう。

 

収穫

本来のイチゴよりもかなり小さい状態で赤くなった実を収穫します。

つぶさないよう軽く身をもって果柄を摘み取りましょう。

 

苗づくり

ランナーが出てくるので直植えの場合は根付かせた後ポットに植え替えます。

鉢植えの場合は途中ポットにランナーを突っ込んで根付かせましょう。

 

冬越し

極寒地域ではバーク堆肥や腐葉土を株元にかけて霜対策します。

鉢は完全に乾燥しきらないよう、たまに水やりをしてください。

春先になって枯れた葉を茎元から刈り取って追肥すると、新芽が出てきます。

もし冬の間も収穫したい場合は、室内の日当たりの良い場所で栽培しましょう。

 

株分け

株が大きくなったら株分けもできます。

鉢底から根が出るくらい大きくなったら、開花時は避け、春あるいは秋に株分けしてやりましょう。

株を若返らせることで再び花を咲かせるようになります。

1株に株元の芽を一つ以上、太い根をできるたけ多くつけ切り分けます。

 

①鉢から株を抜く

②株を両手で持ってハサミで根を切りながら2株に分けてやりましょう。

③培養土を入れた大き目の鉢に株を植え付けてください。

 

 

畑を借りたい方に市民農園を紹介しています。

関東・関西(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都)の方ならシェア畑が手ぶらで始めれて、お手軽です。

参考記事【関東・関西】都心部で畑を借りるなら「シェア畑」がオススメすぎる件

シェア畑神ってる
【関東・関西】都心部で畑を借りるなら「シェア畑」がオススメすぎる件

  家庭菜園研究家のもぐみん(@agrimichi)です。   突然ですが、語らせてください。 &n ...

続きを見る

 

最後までご覧いただきありがとうございました。1日1クリック応援してくださると、とても励みになります。よろしくお願いします。
        ↓ ↓ ↓ ↓               ↓ ↓ ↓ ↓

家庭菜園ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

-ハーブの育て方

Copyright© あぐりみち , 2020 All Rights Reserved.