野菜の育て方

メロンの栽培方法・育て方【プリンスメロンの露地栽培で「難しい」から解放!】

 

家庭菜園研究家のもぐみん(@agrimichi)です。

 

家庭菜園初心者向けに、メロンの栽培・育て方の基本をまとめました。

一般的な知識だけでなく、自身の経験から得たノウハウを盛り込んでいるため、初めての方も安心してメロンを育てることが出来る内容になっています。

 

もぐみん
プリンスメロンは昔ながらの簡単メロンだよ~

 

メロン栽培の特徴

科目 発芽適温 生育適温 連作障害
ウリ科 28~30℃ 25~28℃ あり(3年程あける)
日当たり 株間 収穫まで pH(土壌酸度)
日なた 80cm 三ヶ月半(種から) 6.0~6.5

メロンの原産地は南アフリカ地方で、高温を好み、日当たりの良い環境で育つ野菜。

果菜類のなかでも温度、水分管理が重要で育てるのが難しいほうです。

特に高い気温を必要とし、昼間は28~30℃が適温で、低温に弱いため15℃以下では育たなくなります。

さらに根は浅めにしか広がらず、酸素を多く必要とするため過湿害に極めて弱くマルチは必須。

バーク堆肥or腐葉土などのの腐植を多めに施して土壌の通気性、排水性を高めてあげることも肝となるでしょう。

 

ポイント

・十分に暖かくなってから栽培する

・堆肥を十分に施す

 

メロンの品種について

メロンはさまざま品種があります。

ネットメロンは難しいと思われがちですが、最近では家庭菜園向きの品種も出ています。

その中でも育てやすく、初心者におすすめな品種をあげておきます。

 

ネット系小型メロン

ころたん

ころたん苗

小型ネット系メロン(300〜500g)。

 

かわい~ナ

小型ノーネット系メロン(250〜300g)。

 

ネット系メロン

ムーンライト

雨よけトンネルすれば放任栽培できるネットメロン(1〜1.8㎏)。

高糖度でたくさん実る特徴があり、病気耐性もあります。

 

サンライズ

露地で雨除けなしでも作れる赤肉ネットメロン(約1㎏)。病気耐性も強くほぼ放任栽培も可能。

 

ノーネット系メロン

プリンスメロン

マクワ系とマスクメロンを掛け合わした昔ながらのノーネット系品種(約700g)。

プリンスメロンは元々丈夫ですが、PFは病気耐性を持つため雨よけなしでも簡単に栽培できます。

 

キューピット

メロンの中でも最高糖度を誇るノーネット系品種。

 

マクワウリ

古くから栽培され暑さや病気に強く家庭菜園向きの品種。

 

メロンの栽培時期

メロンの地域ごとの栽培スケジュールになります。

メロン栽培時期横

 

種まきと育苗

培養土を入れた3号ポリ鉢にあらかじめ水をまき、種を三粒均等におきます。

1mmほど土をかぶせ軽くおさえつけてから、再度しっかり水をやってください。

発芽をよくするため、ビニール温室や不繊布をかけるなどなるべく暖かい場所(28℃~30℃適温)におきましょう。

発芽したら夜温15℃以上、日中は30℃を超えないような環境で育てていきます。

本葉が2~3枚出るころに良い苗を選んで二本間引き、一本仕立てに。

本葉4~5枚ほどの苗に育ったら植え付けていきましょう。

 

ポイント

・毎朝水やりしよう(夕方は徒長するので×)

・ビニール保温は日中暑くなりすぎないよう透かす

 

土づくり(耕し方と肥料について)

 

まず種まきの約一週間前に、粒状苦土石灰を150g/㎡(1㎡おおよそ3握り)まき、しっかりと耕します。

元肥(窒素)が効きすぎるとつるぼけして着果が悪くなるため、化成肥料は控えめにします。

 

 

苦土石灰をまいている様子

粒状が圧倒的に使いやすくおススメ

苦土石灰をまき耕している様子

しっかりと耕し、苦土石灰を混ぜ込もう

 

この時、耕しついでに高さ20cm、幅90cm程の畝を作っておきましょう。

 

また肥料を混ぜ込むので、表土はならさずアバウトな畝でOK

 

そして種まき当日、堆肥・元肥を全面にばらまき畝が崩れない程度にクワで軽く混ぜこみ、平グワorレーキで表土をフラットにします。

 

畝1㎡あたり元肥量

元肥の量

・バーク堆肥or腐葉土 4~5㎏

(6~8ℓ分)

・化成肥料888  100g

(おおよそ2握り分)

・BMようりん  50g

堆肥と肥料を投入し混ぜ込む

堆肥と肥料を畝が崩れない程度に混ぜ込む

平グワでならしている

平グワやレーキでフラットにしよう

 

土づくりポイント

・苦土石灰散布は、植え付けの一週間前に終わらせておく

・植物性堆肥&化成肥料なら、即日種まきOK

 

マルチング・トンネル栽培

メロンは果菜類のなかでも温度、水分管理にシビア。

特に過湿にはかなり弱いので、水分状態を安定させるためマルチ張りは必須です。

さらに雨よけのビニールトンネルも重要で、しなくて良い品種でも出来る限りビニールトンネルした方が確実に良く育ちます。

 

苗の植え付け方

苗は本葉4~5枚ほどのもので、節間がつまり肉厚で葉色が濃いものを選びます。

市民農園など前作がわからない場所で育てる場合は、病害虫被害の少ない接ぎ木苗で育てるのがおススメ。

株間60cmほどあけポット大の植穴を掘り水があふれるくらい注ぎこみます。

苗にも事前に水をたっぷりかけ、ポットから抜いて植穴に入れ、株元を持ちながら土を戻して軽く押さえます。

最後に再度たっぷりと水やりをして完了。

 

メモ

接木苗の場合、接木部分が土の中に入らないように注意して浅く植え付けてください。

接ぎ木部分は折れやすいので慎重に。

 

ポイント

・植え付け後1週間は根付かせるため水やりしない

・十分暖かくなってから植え付ける(夜温15℃以上)

 

寒冷紗・ホットキャップ

生育初期は寒冷紗またはホットキャップをかけることで保温し、生育を良くしましょう。

つるが当たり始めたら、取り除きます。

 

メモ

ホットキャップをつけると内側に水滴がたくさんつくことがあります。この状態がベストなので決して拭き取ったり透かさないでください。気温が上がりすぎても湿度が保たれることで順調に育ちます。

 

水やりのコツ

メロンは水分管理にシビアです。水をやりすぎると過湿害が出てすぐ病気になってしまいます。

なので生育初期は、午前中の萎れがみられないかぎり水やりはいりません。

受粉後2週間ほどは肥大で多く水分が必要なので気を付けて水やりし、それ以降は表土が乾燥したらやる程度にします。

開花から4週間経ち、葉が枯れてきたら逆に水を一切やらず乾燥させると、ぐっと甘味がのった実になります。

 

もぐみん
あくまでも理想の水分管理だからね。僕は露地らしく天候まかせかな。

 

整枝・摘心して孫づるに着果させよう

実を大きく確実につかせるために整枝、摘心していきましょう。

本葉が5枚になったら親づる(本枝)を摘心します。

その後小づる(わき芽)を4本、勢いの良いものを左右選んで伸ばし、それ以外は整枝(芽かき)します。

伸びた小づるの5節目までの孫づるは摘み取ってください。

小づるは15節(本葉15枚)で摘心し、孫づる(着果枝)の発生を促しましょう。

最終的に孫づる(着果枝)の雌花を実にならします。

孫づるの雌花より先は葉2枚残して摘心してください。ただし2~3本だけは孫づるを摘心せず遊びづるとして残しておきます。

この頃にかなり株元が込み合ってくるので、親つるの葉はすべて取り除きます。

 

注意ポイント

着果枝の孫づるをすべて摘心すると生長しようがなくなって生育不良になることがあるので必ず遊びづるは残そう

 

もぐみん
親づるを摘心したら一日でむちゃくちゃ伸びだすから逃さず整枝しようね

 

人口受粉は晴天の午前中に

メロンは雄花の雌花があるため受粉で着果します。

雄花は主枝、雌花は側枝になりやすいです。

確実に受粉させたい場合は人口交配してやりましょう。

晴天で暖かい日を選び、開花した午前8~9時ごろまでに人口受粉します。

雄花の花びらをとって雄しべを突き出し、花粉を雌花の柱頭に優しくこすりつけましょう。

雄花がない場合は、ホルモン剤で人口受粉する手もあります。

受粉後は24時間20℃以上の環境が必要なので、早植えの場合は保温してあげてください。

 

メモ

大きくなることを見越して、雌花の下に敷き藁(カヤ・麦)を多めにしておくと安心。

適期を逃さないよう、受粉日のラベルをつけておくと収穫しやすいですよ。

 

摘果し栄養を集中させる

一つの子づるで、着果は3個までにします。

人口受粉した約一週間後、形が少し長めで大きなものを残し摘果。

こうすることで、栄養を集中させ大きく甘い実がなります。

 

ズボラな人は放任栽培も

初心者でいきなり完璧に整枝・摘心するのは面倒だという方へ。

この記事で紹介した品種は、ほぼ放任栽培が可能なものばかりです。

ただし、マルチは必ずしましょう。過湿や泥はねを軽減し病気予防になるからです。

 

追肥の仕方

つるぼけを防ぐため、着果するまでは追肥はしません。

受粉し、ゴルフボール程に実がなったら追肥の合図です。

株間のマルチに小さい穴をあけ化成肥料888を30g/㎡おいてください(穴肥)。

その後は2週間おきに、畝肩に同量を穴肥していきます。

 

もぐみん
実がなるまでは追肥は絶対我慢だよ!

 

玉直し

肥大していく過程で、地面に面した部分は日に当たらず色がつきません。

家庭菜園だと販売するわけではないので、見栄えを気にしなければ必要ありません。

ただネット系メロンはひび割れを防ぐためにも、開花後15日で玉直しをおススメ。

下側の部分が日光にあたるよう位置をずらしてあげます。

 

メモ

この時期になると一気に鳥害被害が増えます。事前にネットなどで鳥よけ対策するほか、メロンの実にワラをかぶせてあげると日焼け防止にもなり一石二鳥です。

 

収穫

開花後、どのメロンも40~50日前後が収穫期になります。

植える品種の種袋で、詳細を確認しておくと良いでしょう。

収穫ごろになると実のなるすぐ近くの葉がマグネシウム欠乏で枯れてきます。

ヘタを少し残してハサミで切って穫ります。

 

収穫の目安

ネットメロン 果実の色が緑から白色になったころが収穫の目安になります。花落ち部であるメロンのお尻がひび割れているのも適期のサイン。
プリンスメロン 果実の表面に艶が出てメロンらしい甘い香りがするようになるほか、着果枝の葉が枯れます。
マクワウリ 緑から黄色くなって熟してきますし、ヘタがすぐポロっととれるようになります。

 

プランター・コンテナ栽培

coming soon…

 

失敗を防ぐ生育診断

 

甘くならない

coming soon…

 

大きくならない(果実肥大しない)

coming soon…

 

梅雨明けに枯れてしまう

また梅雨明けごろ、急にしおれだし、青枯れする場合があります。つる割れ病といい、土壌中から感染する厄介な病気です。

連作により発病頻度が激増するので、数年はあける必要があります。連作に注意するほか、とっておきの方法があります。

接ぎ木苗にすることで、厄介なつるわれ病の心配はなくなりますので、初心者問わず、強くおススメ。

後は前述したように、肥料が少し多いだけでつるぼけしてしまいます。

セオリーに従うほか、ツルばかり伸びいつになっても次の雌花がつかないようなら追肥は通常より間をあけましょう。

 

なりやすい病気

つる割れ病

 

苗立枯病

 

つきやすい害虫

ワタアブラムシ

 

ナミハダニ

 

 

コンパニオンプランツ(混植)

チャイブを混植すると病気を抑えられるほか、生育が促進されます。

 

 

畑を借りたい方に市民農園を紹介しています。

関東・関西(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都)の方ならシェア畑が手ぶらで始めれて、お手軽です。

参考記事【関東・関西】都心部で畑を借りるなら「シェア畑」がオススメすぎる件

シェア畑神ってる
【関東・関西】都心部で畑を借りるなら「シェア畑」がオススメすぎる件

  家庭菜園研究家のもぐみん(@agrimichi)です。   突然ですが、語らせてください。 &n ...

続きを見る

 

最後までご覧いただきありがとうございました。1日1クリック応援してくださると、とても励みになります。よろしくお願いします。
        ↓ ↓ ↓ ↓               ↓ ↓ ↓ ↓

家庭菜園ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

-野菜の育て方

Copyright© あぐりみち , 2020 All Rights Reserved.